書書鹿鹿 ~かくかくしかじか~

"かくかくしかじか"と読みます。見たもの、聞いたもの、感じたことを書いてます。

冬が近づくについてのあれこれ

kakusika.com この文章を書いてすぐ、あっという間に夏は去っていった。毎年アラバスタと冬島を往復しているだけ。二季の日本。 暑いという一本槍で戦う夏に対してあれだけ憎悪を持ち合わせていたのに、手放したら手放したで少し寂しく感じる。それは自分の…

コビー「もう(夏)やめましょうよ!!!電気がも”ったいた”い!!!」

「もう(夏)やめましょうよ!!!電気がも”ったいた”い!!!」 9月に入ったあたりから、自分の正義感の中に潜む漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の海兵・コビーが頂上戦争の時よろしくこう叫んでいる。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});…

図書館で”見えないもの”に気を遣う

図書館で本を読んでいた。 普段からあまり本を読むタイプではないのだが、時々訪れる積極読書期に突入しており、先日借りた本3冊を返却しに行くついでに、新しく借りる本を選んだ。 (この2冊とExcelの本) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});…

初めてが苦手な人へ贈る本/又吉直樹×堀本裕樹「芸人と俳人」【読書感想文】

“初めて”が極端に苦手である。初めての環境、初対面の人との会話、初めて行くお店、バイトの初日など、初めてが目の前に迫ってくると途端に緊張してしまう。以前、イベント派遣のバイトを半年だけしていたことがあったが、毎回毎回が初対面の人と初めての場…

vs 本当に働きたくない男/星野源「働く男」【読書感想文】

「働きたくない」 言うまでもない。自分の口ぐせである。 将来を意識し始める高校生の頃から繰り返し繰り返し脳内に現れ、時には口から音として発せられることもある。決して相手を油断させるポーズ、口だけではない。高校生の頃、初めてバイトをした焼き鳥…

自分を知りたくて/『食物アレルギーのすべてがわかる本』海老澤 元宏

自分を知ること。 意外と難しいと最近感じる。そもそも最近になるまで「自分を知ろう」なんて考えたことも無かったし、というか知らないように避けてきた面が大きい。 自分のことなんて知らない方が幸せとまでは言わないが、そこそこ生きやすい。 自分を形作…

6月21日の日記(前編)

早朝という名に相応しい5時過ぎに夜行バスで名古屋から東京のバスタ新宿に着く。大阪から近づいてしまったせいで、名古屋からの夜行バスの最終便でもこの時間に着いてしまうのだ。 新宿と言えども平日の朝5時であるため、辺りは閑散としていた。ちらほらと歩…

矢場とんで味噌カツを堪能した話

東京に行くついでに名古屋観光した時の話。 名古屋を代表するチェーン店『矢場とん』。事前に名古屋の飲食店を片っ端から調べて、名古屋でしか食べられないようなものを探していくつか候補が出たが、結局味噌カツを食べたくなって矢場とんを選んだ。大須商店…

6月20日の日記(名古屋RTA)

高速バスで名古屋へと向かう。今まで何度も高速バスを利用したが、東京~大阪間の区間しか利用したことが無かったため、5時間という中途半端な時間のバス移動を経験したことが無かった(東京~大阪間は約10時間)。しかも昼行バスということもあって、外は明る…

6月20日の日記(出発まで)

午前中はいつも通りゴミ収集のアルバイト。収集箇所が多いしんどい地区だったが、運よくポイントが少ないコースに割り当てられ、3時間半ほどで収集が終わった。 「6時半に来て3時間半だけってなんかもったいなくない?」 同乗していた社員さんに言われ共感し…

見知らぬマダムのアドバイスで「鯛の煮つけ」を作る

先日、大学時代の友人と久しぶりに電話をすることとなった。別に何かがあったわけでもなく、お互いに他愛のない近況報告をしあう。社会人となった友人は苦労しているようで、将来や人間関係についての悩みも多かった。その点自分は相変わらずのほほんと生き…

マメトコナで買った焼き菓子で5日間の幸福を

先日、久しぶりに大学に行く用事があり、その際以前も伺った『マメトコナ』にお邪魔した。富田林駅から徒歩5分程度の場所にある焼き菓子のお店に行くため、わざわざ後輩の家に泊まらせてもらい、朝のオープンに合わせて家を出た。 『マメトコナ』はInstagram…

自由に文章を書けなくなっている

広告を意識しすぎた文章に慣れてしまっている。 Googleの広告を入れるために必要以上に段落を分けてみたり、Amazonのリンクを貼るためにわざわざ出さなくていい商品名を意識的に引っ張り出している。 文量もそうだ。元から書き始めるとそれなりに文量がある…

飯島奈美に影響を受けて梅酢をとりあえず買ってみた

いつもよりも忙しかったバイトを終え、ヘトヘトになりながら家に帰る途中、どうしても何かお金が使いたくなった。自分は自分を孫のように甘やかしまくるので、頑張った時やしんどい時は何かお金を使って疲労を誤魔化している。かと言って、「浪費」というわ…

平松洋子『いわしバターを自分で』コロナ禍の”食”を通じて幸せを再確認する【読書感想文】

フリーター生活を始めて、自炊することが多くなった。学生時代から引き続いて実家暮らしで晩ご飯はありがたいことに親が作ってくれるが、「昼ごはんは自己調達」というのが我が家の方針で、中学高校大学と休みで家にいる時は昼ごはんを作っていた。と言って…

ディベート最弱王

「今日は絶対に何もしないぞ!!」 3連休の中日に、生まれてから幾度となく繰り返してきた不毛な意気込みを決め、朝からダラダラと過ごしていた。昔入れていたゲームアプリを蘇らせ、「こんな感じか」と思い出せばまたアンインストールで先行き不透明なコー…

卵・乳アレルギーでも食べられる「ラーメンまこと屋」に行ってきた話

先日、久しぶりに外出する機会があった。 地獄の肉体労働4連勤を終えた翌日、仲良くしている後輩が出演する演劇を観に行く予定を前々から入れていた。4回公演の千秋楽回で、午後5時から。 自分はせっかく外に出るならいろんな予定を詰め込みたいタイプなので…

仕事終わりの疲れた体で人生初めての三枚おろし

バイト帰り、突如として「魚を捌こう」と思い立った。 その日は、バイト4連勤の最終日で月末ということもあって、なかなかにハードな仕事内容だった。それだけにストレスが溜まっており、何とか浪費と食で発散しようと思ったのだ。 仕事帰りによく立ち寄るス…

きのホ。という最高のアイドルがいるので、世間はなんとか気づいてくれませんかね?

昨年の夏ごろ、SNSで知り合った友人からYouTubeのリンクと共に1通のLINEが届いた。 「めっちゃビビッときてんけど、だいぶ良くない?」 YouTubeのリンクはとあるアイドルグループのMV。 この友人は音楽ライターをやっていたこともある信頼のおける友人で、元…

水木しげるロードのお土産「妖菓 目玉おやじ」との睨み合い

旅行の醍醐味と言えば『お土産』である。その土地でしか買えない名産品や旅行の記憶を思い出せるようなご当地のものを買う。買う相手も自分・家族・恋人・職場...とさまざまで、それでいて相手のことを想い買う商品を選ぶことは旅行に行った価値をワンランク…

ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』複雑に入り組んだ悲劇は最高の喜劇【観劇メモ】

ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』 https://www.europe-kikaku.com/polca/fukuoka.html より引用 京都が誇る劇団・ヨーロッパ企画による第32回公演『建てましにつぐ建てましポルカ』を観た。DVDを買わなければなかなか観ることが出来ない演劇…

飯島奈美『ご飯の島の美味しい話』に”食”の持つ力を見る【読書感想文】

飯島奈美『ご飯の島の美味しい話』 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ここ最近、“食”をテーマにしたエッセイを好んで読むようにしている。自分自身が“食”に興味を持ち始めたのもあるが、単純に活字で誰かの食を読むだけで美味しい気持ち…

「思わず口ずさみたくなる」語感のいい中毒性の高い楽曲リスト

個人的に語感がいいと思っている楽曲を備忘録的にいくつか挙げておく。 五五七二三二〇『ポンパラ ペコルナ パピヨッタ』 グッドモーニングアメリカ『コピペ』 bradshaw『suji』 Hei Tanaka『バン!ドカン!』 MONO NO AWARE『轟々雷音』 左右『ネイキッド』…

『根強い』『根深い』『草の根運動』の本当の実力

前回の続き kakusika.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 『根深い・根強い』 一筋縄では対処できないような何か深刻な問題が起きた時、それを『根深い』と呼ぶ。 また、揺らぐことのない人気がある場合、よく『根強い』と評される。 …

畑仕事を始めて分かった植物の言葉・慣用句の秀逸さ

昨年の夏ごろから家庭菜園をしている。 きっかけは ・スーパーの青果で働いていて野菜に興味があったから ・就活をしておらず暇だったから ・単純に鍋が食べたかったから と、どうしようもないラインナップである。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []…

理想通りの古本屋にて本にまみれる

古本屋に初めて行った。 BOOKOFFだったり近所にあったカードゲームやCD・DVD、服、ぬいぐるみまで販売している倉庫型の古本屋には行ったことがあったが、自分としては“古本屋”の定義からは少し離れている気がする。自分の定義する“古本屋”は「本で溢れかえっ…

会社の金で健康診断

会社の金で健康診断に行ってきた。 この文章において「会社の金で」というのは、非常に重要な要素である。中肉中背の20代前半男性がわざわざ健康診断を自らのお金で受けに行くのはなかなかハードルが高いので、「会社の金で」が経済的にもやる気的にも後押し…

『キョコロヒー』”齋藤京子とヒコロヒー”は”桜木花道と流川楓”である

https://www.tv-asahi.co.jp/Kyoccorohee/より引用 テレビ朝日系で放送されている『キョコロヒー』による2度目の番組イベント『生キョコロヒー2023春 〜自覚と責任の5000席〜』を配信で観た。 変なところに予算をかけたオープニングから始まり、キョコロヒー…

「1日2オードリー」を果たすため、若林正恭の本を買う

kakusika.com この続き。 「無料のステッカー1枚を貰うためだけに、交通費を払って、せっかくのゴールデンウィークの人がごった返す祝日の心斎橋に朝から並ぶなんて傍から見ればおかしいかもしれない」 締めでこんなことを言ったが、傍から見なくても客観視…

新米リトルトゥースの東京ドームへの道 ~ステッカー編~

リトルトゥースになって約1年が立とうとしている。 このカウントが始まったのは「オードリーを好きになった時期」ではなく、「オードリーを好きと認識した時期」である。これまでもオードリーが出ている番組は観ていたが、「好きな番組にたまたまオードリー…