書書鹿鹿 ~かくかくしかじか~

"かくかくしかじか"と読みます。見たもの、聞いたもの、感じたことを書いてます。

2023-05-01から1ヶ月間の記事一覧

きのホ。という最高のアイドルがいるので、世間はなんとか気づいてくれませんかね?

昨年の夏ごろ、SNSで知り合った友人からYouTubeのリンクと共に1通のLINEが届いた。 「めっちゃビビッときてんけど、だいぶ良くない?」 YouTubeのリンクはとあるアイドルグループのMV。 この友人は音楽ライターをやっていたこともある信頼のおける友人で、元…

水木しげるロードのお土産「妖菓 目玉おやじ」との睨み合い

旅行の醍醐味と言えば『お土産』である。その土地でしか買えない名産品や旅行の記憶を思い出せるようなご当地のものを買う。買う相手も自分・家族・恋人・職場...とさまざまで、それでいて相手のことを想い買う商品を選ぶことは旅行に行った価値をワンランク…

人生で初めて人に手料理を振舞って「美味しい」をシェアする

先日、小中時代の友人とご飯を食べることにした。中学卒業後は疎遠になっていたのだが、ここ最近になって急に連絡が来たことで2、3か月に一度会うようになっている。ペース的には遅いかもしれないが、互いにダラダラ過ごしており代わり映えのない日々を送っ…

ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』複雑に入り組んだ悲劇は最高の喜劇【観劇メモ】

ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』 https://www.europe-kikaku.com/polca/fukuoka.html より引用 京都が誇る劇団・ヨーロッパ企画による第32回公演『建てましにつぐ建てましポルカ』を観た。DVDを買わなければなかなか観ることが出来ない演劇…

飯島奈美『ご飯の島の美味しい話』に”食”の持つ力を見る【読書感想文】

飯島奈美『ご飯の島の美味しい話』 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ここ最近、“食”をテーマにしたエッセイを好んで読むようにしている。自分自身が“食”に興味を持ち始めたのもあるが、単純に活字で誰かの食を読むだけで美味しい気持ち…

「思わず口ずさみたくなる」語感のいい中毒性の高い楽曲リスト

個人的に語感がいいと思っている楽曲を備忘録的にいくつか挙げておく。 五五七二三二〇『ポンパラ ペコルナ パピヨッタ』 グッドモーニングアメリカ『コピペ』 bradshaw『suji』 Hei Tanaka『バン!ドカン!』 MONO NO AWARE『轟々雷音』 左右『ネイキッド』…

『根強い』『根深い』『草の根運動』の本当の実力

前回の続き kakusika.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 『根深い・根強い』 一筋縄では対処できないような何か深刻な問題が起きた時、それを『根深い』と呼ぶ。 また、揺らぐことのない人気がある場合、よく『根強い』と評される。 …

畑仕事を始めて分かった植物の言葉・慣用句の秀逸さ

昨年の夏ごろから家庭菜園をしている。 きっかけは ・スーパーの青果で働いていて野菜に興味があったから ・就活をしておらず暇だったから ・単純に鍋が食べたかったから と、どうしようもないラインナップである。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []…

理想通りの古本屋にて本にまみれる

古本屋に初めて行った。 BOOKOFFだったり近所にあったカードゲームやCD・DVD、服、ぬいぐるみまで販売している倉庫型の古本屋には行ったことがあったが、自分としては“古本屋”の定義からは少し離れている気がする。自分の定義する“古本屋”は「本で溢れかえっ…

会社の金で健康診断

会社の金で健康診断に行ってきた。 この文章において「会社の金で」というのは、非常に重要な要素である。中肉中背の20代前半男性がわざわざ健康診断を自らのお金で受けに行くのはなかなかハードルが高いので、「会社の金で」が経済的にもやる気的にも後押し…

『キョコロヒー』”齋藤京子とヒコロヒー”は”桜木花道と流川楓”である

https://www.tv-asahi.co.jp/Kyoccorohee/より引用 テレビ朝日系で放送されている『キョコロヒー』による2度目の番組イベント『生キョコロヒー2023春 〜自覚と責任の5000席〜』を配信で観た。 変なところに予算をかけたオープニングから始まり、キョコロヒー…

「1日2オードリー」を果たすため、若林正恭の本を買う

kakusika.com この続き。 「無料のステッカー1枚を貰うためだけに、交通費を払って、せっかくのゴールデンウィークの人がごった返す祝日の心斎橋に朝から並ぶなんて傍から見ればおかしいかもしれない」 締めでこんなことを言ったが、傍から見なくても客観視…

新米リトルトゥースの東京ドームへの道 ~ステッカー編~

リトルトゥースになって約1年が立とうとしている。 このカウントが始まったのは「オードリーを好きになった時期」ではなく、「オードリーを好きと認識した時期」である。これまでもオードリーが出ている番組は観ていたが、「好きな番組にたまたまオードリー…